確定年金不安解消どっとこむ

退職後の生活を考えよう

どのような生活を送りますか?

「どれぐらいの資金が必要?」の項でも簡単に算出しましたが、生命保険文化センターからも調査結果が出ております。それによれば、ゆとりある老後には月々37万円程度のお金が必要という結果が出ています。これはあらゆる平均値から算出していますので、皆さんの描く生活に応じて上下することは考慮することを忘れないようにしましょう。

さて、具体的に考えていくことにしましょう。これは今の生活からも考えることが出来ることもありますので、出来ることから実行していくことが大切です。いろいろあるかとは思いますが、ここでは3点に絞って挙げたいと思います。

まず始めに、今後の収支予想を立てることが大切です。10年程度の「簡易キャッシュフロー表」を作成して生活費の概算をチェックしましょう。老後資金・万一の際のリスク・資産運用などを精査して、問題点を発見したり課題解決案を検討する材料となります。自分では何からしていいか分からないというときは、ファイナンシャルプランニングの企業を利用するのもよいかと思います。

そして次に、手持ち資金については、今後の"生活を守っていくお金"と"老後を楽しむためのお金"を考えて区別しながら、目的ごとに資金を分けるという運用がわかりやすくて良いと思います。。今の生活で置き換えると、「生活費」と「娯楽費」という感じでしょうか。

最後に、ゆとりある老後の生活設計になるように、老後を楽しむ余裕資金を使っての"夢プラン"も是非計画してください。最低限の生活を送るのはもちろんのこと、その中でしたいことをするのも老後の楽しみの一つです。