確定年金不安解消どっとこむ

退職後の生活を考えよう

公的年金ってどれぐらい貰えるの?

国民年金は20歳から60歳までの40年間の加入が義務づけられています。ただ諸事情で年金を納付できなかった人もおられるので、現在の法律では最低25年間納付された方には老齢基礎年金が支給されます。

何らかの事情で納付免除(半額免除または全額免除)された方は、免除期間も含めて25年以上納付していれば支給されます。納付期間が25年の場合は年間50万円弱。同じく40年の場合は年間80万円弱となっています。

続いて、民間企業のサラリーマンの方が加入しておられる厚生年金の支給額を計算します。 厚生年金支給額は、生年月日や年金加入歴、平均給与(平均標準報酬月額)によって異なります。少し複雑になりすぎますので、22歳で企業に入社し60歳まで勤め、平均月収が30万円と仮定した例を挙げます。生年日が1961年以降の方は65歳を迎えてから年間155万円となります。それより生年日が早い方(年上の方)は、65歳以前から半額近くの需給を受けられます。詳しくは、社会保険庁などで確認してみてください。

女性の場合、旦那様が会社員または公務員の場合には厚生年金などの需給対象となる場合があります。具体的な金額については、厚生年金加入期間や平均月収・生年日に起因するため割愛させていただきます。

年金支給開始時期について上記にも出てきましたが、生年月日により「特別支給の老齢厚生年金」が60歳~64歳の間に支給される方がおられます。また女性は男性よりも5歳若い人まで「特別支給の老齢厚生年金」が支払われます。