確定年金不安解消どっとこむ

確定年金のデメリット

その他のデメリット

これまで挙げたいくつかのデメリットと重複する部分もありますが、やはり一番のデメリットは、運用のリスクを加入者が追う部分と、60歳未満では基本的に一時金の支給が出来ない点です。

個人に運用に事由が与えられるのはメリットと言えますが、結果は自己責任となり、笑う人もいれば泣く人もいるでしょう。宝くじのように一獲千金を狙うのも、銀行の利息のようにコツコツ貯めるのも、それはあなたの自由ということになります。

運用商品については、いろいろな種類のものがありますので、自分が老後に必要としている理想額と、それに伴って負うであろうリスクのバランスを考えて商品を選んでいきましょう。

運用していくには資金を積み立てる必要がありますが、「60歳未満では基本的に一時金の支給が出来ない」という点で注意しておいていただきたいことがあります。月々の積立金を変更することは出来ますが、途中で一時的にお金が欲しいとき(退職してしまったときや、高額な買い物をしたいとき)には資産を引き出すことは出来ません。

もちろん、多くの額を積み立てていくほうが、多くの資産を増やせる可能性は高くなりますが、生活していけないのでは意味がありません。先ほどと同じ言葉になってしまいますが、こちらもバランスが重要となっていきます。満期となり、年金受給となるまでは、月々の支出のみとなりますので、ローンを組む際の計画のように、毎月の積立額についても考えていきましょう。