確定年金不安解消どっとこむ

申込方法

申込用紙の記入

前項で選んだ金融機関などから送られてきた申込用紙に記入します。住所や氏名など当たり前のことから、運用時に関わってくる掛け金を引き落とす口座や投資する商品を選びます。

投資運用する商品は、すでに申し込みの会社を決めるときに目星はついていると思いますので、間違えないように決めていきます。商品の詳細につきましては、申込用紙と一緒に同封されてくることが多いです。

申込には、個人型年金加入申出書兼配分割合指定申込書(機関により異なるかもしれません)、本人確認書類(住所、氏名、生年月日が確認できる公的証明書【運転免許証、パスポート、国民年金手帳等】)の写しが必要となります。また機関や利用者の状況によっては、事業主の証明書が必要な場合もありますので、その際にはお勤め先にお尋ねください。

また、企業型確定年金を運用していた会社を退職されて、個人型の確定年金に移管される場合も、申込用紙は異なりますが、必要となる証明書などは類似してきます。こちらも詳細は金融機関窓口などでお尋ねください。

上記の準備が終わりましたら、捺印等の押し忘れがないか、記入漏れがないか、必要書類はそろっているかを確認して、晴れて提出となります。必要書類の提出は、確定年金の運用に向けた第一歩目です。これが済みましたら、加入審査がありますので必要書類を忘れないようにチェックしてください。加入審査は提出した書類をもとに、氏名・住所の確認や年金の支払いは滞っていないかなどが確認されます。