確定年金不安解消どっとこむ

確定年金基礎知識

確定年金とは

人は、自分の一生の長さを決められません。そこで、自分が何歳まで生きたとしても確実に給付を受けることのできる年金が確定年金と呼ばれています。年金の分類上、個人年金保険に含まれ、社会保障制度にある国民年金などでは不足しがちな老後の資金を補うための保険のひとつです。

確定年金は大きく「確定拠出型年金」「確定給付型年金」という2つのタイプがあります。確定給付型年金は企業での利用が多いため、ここでは自営業の方などが個人で加入できる確定拠出型年金について掘り下げていくことにします。

保険契約者(私たち)が支払う保険料を、年金用の資金として積み立て、契約時に定めた年齢まで生存していた場合、それから1年ごとに年金のように支払われていきます。ここまでは国民年金などと同じですが、確定年金の場合は、もし保険料払込期間中に契約者が死亡すると、遺族に死亡給付金が支払われます。

個人年金保険に加入する目的としては、前述のとおりの「公的年金の補充」に加え、公的年金が給付されるまでの間のつなぎの資金として利用する、などが挙げられます。

また、確定年金(ほとんどの個人年金)で不可欠な要素が、「資産運用」です。「月にいくら収めていたから、年金受給時には月額いくら払いますよ」という部分が決まっていません。それは、別項でも詳しく説明いたしますが、皆さんから集めたお金を一つの資金として資産運用し、その損益により受給額を増やすことも可能となる仕組みです。