確定年金不安解消どっとこむ

確定年金のメリット

年金原資が増やせる

タイトルを見ると、喜んでしまいます。積み立てた貴重な原資が増えるなんてありがたいことです。これは別項でもあげているとおり、「資金運用」というところに関係してきます。

そもそも確定年金は、個人や企業の事業主が拠出した掛金について、加入者個人が自己の責任において運用商品を選択し、個々の加入者ごとに資産の管理が行われるのです。加入している年金運営団体に資金の管理はしてもらい、受給対象の時期になってからの支給も行なって貰える。でも、そこの会社としての損益(業績)に関係なく、自らの資金を運用し原資を増やしていくことが可能なのです。

分かりやすく言うと、少子化高齢化により団体としての積立が少なく見込まれてしまい、年金受給時に減額が検討されるということがないのです。あなたが積立て、運用している資金は、すべてあなたのものであるのです。

ただし、「運用」ということで、プラスがあればマイナスもあるということは理解しておいてください。別項で詳しく説明しておりますが、簡単に多額の増資というのは簡単なことではありません。ハイリターンを求めるのであればハイリスクを伴いますし、ローリスクで安定した運用を求めるのであればローリターンであることが多いです。特に、リタイア(定年退職等)が近い場合や運用を続けていてその時が迫った来た場合には、大きなリスクを負うことは避けたほうがよいかもしれません。

「資産運用商品の選択パターン例」と題して、運用の際の商品選びに役立つ情報が記載してありますので、そちらも参考にしてください。