確定年金不安解消どっとこむ

確定年金のメリット

60歳からの給付

一般的に、60歳で定年退職したとしても、国民年金を受給できるのは65歳からです。また、手続きを行うことにより60歳から受給も可能ですが、この場合は65歳以降の受給額が減額されてしまいます。

財源難のため、最近ではだんだん受給開始年齢が遅くなっていて、将来は68とか70歳になるともいわれています。現在の状況でも、60歳からの年金給付が必要と思われていますが、今後はもっと重要度を高めていくかもしれません。

一方の確定年金は、60歳以降に受け取り権利が発生し、受け取り方法は年金として受け取る方法と一時金として受け取る方法があります。年金(分割給付)として受け取る場合はそれまでの積立金の運用を継続しながら5年から20年の間で分割して受け取ります。受け取り金額は、金融商品の運用実績により変動します。

一時金として受け取る場合はそれまでの積立金を一括して受け取ります。また、公的年金の補償が比較的軟弱な自営業者や企業年金が取り入れられていないサラリーマンなどが掛け金を多くかけられるようになっています。

もともと確定年金は、「つなぎ年金」の必要性から生まれました。60歳までは労働による賃金による収入から生活を営み、そこから65歳の年金受給開始までの空白期間を埋めるために利用されます。今ではそれに加えて、国民年金だけでは不足してしまう可能性がある年金受給を補うための役目も兼ねています。近年では、少子高齢化の波から、公的年金が十分ではなくなってきていることを補うものとして導入されました。