確定年金不安解消どっとこむ

よくある質問

無事に60歳を迎えたら

加入している運用会社の年金規約に一時金の規定がある場合、受け取り方は年金の形でも、それまでの積立金と運用益の合計を一時金で受け取ることも選択可能です。年金の場合は「公的年金等控除」の対象に、一時金で受け取る場合は加入期間を勤続年数と計算して「退職所得課税」が適用され、いずれの場合もメリットで挙げました税制の優遇を受けることができます。

60歳から受け取れると書きましたが、ここで初めて出てくる条件があります。60歳から年金を受け取るためには、最初に確定年金に加入し、掛け金を拠出した時から10年以上の期間が必要で、それより短い場合は段階的に支給開始年齢が繰り上げられるので注意しましょう。

10年以上の場合は60歳から受給可能。同様に8年以上で61歳、6年以上で62歳、4年以上で63歳、2年以上で64歳、1ヶ月以上で65歳となります。

例外ケースを挙げますと、女性の方がOLとして働いている時代に確定年金に加入していましたが、結婚を機に専業主婦になったとします。専業主婦は第3号被保険者となり対象外ですからそのまま掛け金を払い続けることはできません。こうした場合には、加入期間が3年以下であれば一時金として資産を受け取り脱退するか、以降の掛金を拠出することはできませんが、現在の資産を元手に運用の指図だけを続けることが可能です。

また、加入者が加入期間の要件を満たしている場合、60歳から70歳まで間の任意の時期まで受給開始を遅らせることが出来ます。その場合、60歳から受取り開始までの間は、専業主婦と同じく掛金の拠出は行わず、運用指図のみ継続して行うことになります。